20代・30代はじめての住宅購入専門の相談なら平澤FP事務所へ

お気軽にお問い合わせください

03-5497-1345

受付時間 10:00~19:00

お問い合わせフォームはこちらから

20代・30代はじめての住宅購入専門の相談なら平澤FP事務所へ

住宅購入時のローンの借り方に影響を与える3つの要素

住宅購入を考えたとき、「家賃と同じローン返済額」だから大丈夫という話、良く聞きます。

営業マンからすると使いやすいので、常套句になっています。
買う方も「家賃を払い続けても家は手に入らないので、もったいない」という気持ちがあるからこそ効果があります。

一生賃貸でいると将来の年金暮らしで家賃を払い続けなければならないし、不安です。
それに、老後は部屋を貸してくれないケースもあるだろうとも想像する訳ですね。
だったら家は資産になるし、いずれ買うなら早い内の方が良いのではと考えます。

続きを読む

老後資金が大丈夫か心配です。

2017年9月現在、65歳以上の高齢者は27.7%
2060年に向かって高齢者はどんどん増え、その割合は4割にもなると予想されています。

まだまだ高齢者が少なかった時代にできた年金制度そのものにひずみが生じているのは明らかです。

将来年金がもらえない。
あるいは今もらっている世代よりは確実に、それもかなり少なくなる。
公的年金への不信は若い世代ほど顕著です。

そんな不安な将来に対し、私たちはどうすれば良いのでしょうか。

続きを読む

老後資金=iDeCo(イデコ)。でも資産運用はトータルで考える。

老後資金の準備なら、まず考えるのは確定拠出年金(=DC)ですね。

DCは「資産運用」であり、「投資」に慣れるのにこれ以上ないぐらい素晴らしい制度です。
投資が苦手と言っている時代はもうとっくに終わっています。

老後資金を筆頭に、今の時代は長期の資産運用による資産形成が必須です。有利な制度は積極的に利用し、お金に働いてもらうことが当たり前の感覚を身に付けたいものです。

続きを読む

住宅の資産価値と住む上での利用価値。どちらを優先すべきか。

マンション価格上昇

低金利が長く続いています。
そして国の制度、住宅ローン減税もあります。
住宅購入には追い風です。

でもその一方で住宅の価格はかなり高騰し、そのまま高止まりしています。

買うなら今買うべきか、それとももう少し待つべきか。悩ましい問題です。

住宅は生涯で一番高い買い物です。
だからこそ失敗したくないし、悩みは尽きません。

続きを読む

手取り給与が減った理由は税金と社会保険料のUPです。

手取り給料が少なくなった(増えていない)気がする・・・
そう感じている方は非常に多いでしょう。

実際そのとおりで、アベノミクス以降ボーナスUPやベースアップがある一方で、手取り給料が減る要因がじわじわと増えてきているのです。

税金と社会保険料を引いた手取り収入のことを、「可処分所得」といいます。
この可処分所得が増えていないのです。
つまり、公的負担(税金や社会保険料)が年々増加しているんですね。
続きを読む

住宅購入後の教育資金の貯め方を教えてください。

小さい子どもがいる家庭は、子どもの将来のために教育資金を準備しなくてはなりませんよね。
でも実は、明確な貯蓄の計画を立てている家庭は少数派です。

教育費を貯めていく必要がある家庭は、住宅ローンも抱えている場合が多いです。繰り上げ返済の資金と教育資金の両方を貯めていく必要があるのです。

所得が高い家庭は余裕があるかというと、実はそんなこともないのです。

高所得の家庭は子どもに高学歴を求める傾向が強いので、習い事や塾にかける費用も高くなりがちです。子どもに良い教育を受けさせたいという親心が教育費を聖域化し、家計の負担が増えているのです。

続きを読む

豊かな老後を過ごすために

豊かなセカンドライフを送りたいですよね。でも、老後に不安を感じていませんか?

実は「セカンドライフ」という概念は、この四半世紀にできたものなんです。
第二の人生を考えることが必要になったのはつい最近のことなんですね。

続きを読む

ローンを組んで住宅を買うということ。

多くの人にとって人生最大の借金は、言うまでもなく住宅ローンです。それだけに、誰だって失敗はしたくありませんよね。

それなのに、きちんと考えないで借りてしまう人がまだまだ多いのです。今は低金利だけど、返済は長いですから将来を見据えて考えてほしいものです。

Who goes a borrowing goes a sorrowing.

アメリカのことわざです。綺麗な韻を踏んでいますが、中身はキツい。
訳すとこうなります。

お金を借りに行く者は悲しみを借りに行く。

続きを読む

お気軽にご相談・お問い合わせください!

お気軽にご相談・お問い合わせください!

03-5497-1345 03-5497-1345

受付時間:9:00~18:00

お問い合わせフォーム お問い合わせフォーム

住宅購入のノウハウを週1お届け
メルマガ配信登録