多くの人にとって人生最大の借金は、言うまでもなく住宅ローンです。それだけに、誰だって失敗はしたくありませんよね。

それなのに、きちんと考えないで借りてしまう人がまだまだ多いのです。今は低金利だけど、返済は長いですから将来を見据えて考えてほしいものです。

Who goes a borrowing goes a sorrowing.

アメリカのことわざです。綺麗な韻を踏んでいますが、中身はキツい。
訳すとこうなります。

「お金を借りに行く者は悲しみを借りに行く。」

「借金すべきじゃないですよ」と言っておきながら、アメリカ人は借金が大好きです。
借金が返ってこない確率の高い人に貸した「サブプライムローン」が破たんしました。
住宅価格が上がっていく前提でどんどん借金をして消費していたんです。
今は車のサブプライムローンが膨らんでいるそうです。懲りませんね。

「ご利用は計画的に。」と言ってあげたい。(古い・・・)

住宅という資産を得るための住宅ローンは負債ですが、将来への投資とも言えます。
投資であればそのリターン(=得られる生活)をしっかり描きたい。
リスクとリターンは表裏一体ですから、当然、リスクを想定した収支計画を立てた上で借金することが必要なのです。

大きな借金をするときは、返す期間も長くなります。
家を買うということは、その家がもたらしてくれる「家族の未来」を買うことなんですね。

一方で、住宅のような大きな買い物以外、例えば家電や旅行やブランド品など。
これらは消費ですからローンを組まず、一括で購入するのが良いですね。
車もできればローンではなく一括で買いたいところです。

お金を使いすぎると、支出が収入を超えてしまうこともあります。
その場合、貯蓄を取り崩していくことになりますね。
一方で手元にあるお金を運用し、複利で増やしていくことができます。

お金を借りた場合にも同じことが起こります。
あなたの利益ではなく、銀行の利益が増えていくのです。

住宅は多くの人にとって生涯に一度の買い物です。
ですから、悲しみを借りに行かないように、慎重に考えて欲しいのです。

将来の計画と現在の収支、適正な買い物の値段、そして必要な情報収集。
まずは自分の現在の状況を正確に見ることが大切ですね。