マイホームはやっぱり人生で一番大きい買い物ですよね。

でも家を買おう!と決めたら欲しい気持ちがどんどん大きくなっていって、すぐに物件を見たくなりませんか?

でもそこは我慢。何も考えずに行ってはダメですよ!
なぜダメなのか、説明していきますね。


素敵な空間、最新の設備、そしてベテランの営業マンの巧みなトークに、大いに心がゆらぐと思います。

何はともあれ資金計画

買いたい気持ちを抑えるのはなかなか難しいですが、一旦は冷静になって欲しいのです。
それは、住宅の購入は、「資金計画」からスタートすべきだからです。

先に買いたい家を決めてしまうと、その家を買うために「いくら借りられるか」という考えにこだわってしまいがちなんですね。

子どもの教育資金を見積もらないといけませんし、老後資金を準備していくことも必要になります。夫婦の働き方(特に育休中など)によって収入も変わりますし、定年までの期間も影響します。

DINKS時代や子どもが小さいうちは、意外とどんぶり勘定でも家計が問題なくまわっているケースが多いのですが、後になって資金繰りが厳しくなるケースがあるんですね。

住宅ローンの返済は長期間にわたりますので、現在の状況だけでなく、将来の生活設計を踏まえて返済計画を考えることが大切です。これを踏まえてしっかり計画を立てる必要があるんですね。

頭金なしでも借りられますが・・・

頭金なしでも住宅ローンが借りられる時代ですが、そうすると当然借入額が多くなって将来返済が苦しくなるかもしれません。また将来売却の必要が出ないとも限りません。売却額よりローンが多い場合、現金を用意するか、新たに購入する家の住宅ローンに上乗せることになります。

だからこそ資金計画が大切なんですね。

もちろん超低金利の時代ですから、手元に現金を確保して有効に活用するということもできます。
ある程度のリスクをとるということが前提になりますが、そもそも不動産に大きなお金を固定することもリスクだってことなんです。

自宅というのは基本的には何も産んでくれない資産ですから、それ以外のお金をしっかりとコントロールしないと希望の生活の実現が覚束なくなる可能性だってあるんです。

この辺りをきちんと整理できれば、住宅ローン控除をうまく活用しながらも、将来必要なお金を増やしていけるんですね。
将来きちんと返していけるかに悩まされる心配もなくなりますが、それはきちんとした資金計画があるからこその話です。

まずは無理なく返せる金額でローンを組むことですが、適正なローン金額は将来設計トータルで見ないとわかりません。住宅販売会社の営業マンが片手間にできるものではありませんから、まずは具体的な数字で見てみることです。

具体的に何を考えればよいのか

具体的な数字と言われてもパッとは出てきませんよね?

資金計画はいろいろな面から考える必要がありますが、ポイントは2つあります。
ここはぜひとも押さえておいて欲しいポイントです。

一つ目は、ライフプラン。
最初に述べたように、将来の生活設計を考えることがすごく大切です。
ここを想定しないとそもそも資金計画ができませんし、適正な住宅予算がわかりません。
家を買ってどんな暮らしをするのか、そんな暮らしをしたいのか、徹底的に話し合ってほしいところです。

二つ目は、キャッシュフロー。
資金繰りとも言います。
資金繰りがしっかりしていれば、仮に将来住宅の価格が大きく下がって住宅ローン残高を下回ったとしても、家計が破綻することはないでしょう。
しかし、適正価格を超えた高い住宅を買った場合や頭金が少なすぎた場合などは、資金繰りに余裕がなくなってしまうことも多く、非常にリスクが高いといえます。

超低金利で国の補助も手厚い今なら、住宅の買い時と思っても不思議ではありません。
実際、住宅ローンを借りても良い適正額以上のお金を貸してくれる場合が多いのです。
しかし住宅ローンを組むということは、大きな借金をして長期間資産を住宅に固定することであるということを覚えておきたいところです。

繰り返しになりますが、家計に大きな負債を抱えるということは、リスクになるのです。
そのリスクを理解せず、今の家賃と比較した損得勘定だけで購入か賃貸かを決めるのは、非常に危険です。

リスクを回避するには家を買ってからでは遅すぎます。
家を買う前に、ぜひとも住宅資金計画をしっかりと立てて欲しいと思います。