マイホームはやっぱり人生で一番大きい買い物ですよね。
でも家を買おう!と決めたら欲しい気持ちがどんどん大きくなっていって、すぐに物件を見たくなりませんか?

でもそこは我慢。何も考えずに行ってはダメですよ!


素敵な空間、最新の設備、そしてベテランの不動産屋さんの巧みな営業に、大いに心がゆらぐと思います。

何はともあれ資金計画

買いたい気持ちを抑えるのはなかなか難しいですが、一旦は冷静になって欲しいのです。それは、住宅の購入は、「資金計画」からスタートすべきだからです。
先に買いたい家を決めてしまうと、その家を買うために「いくら借りられるか」という考えにこだわってしまいがちなんですね。

子どもの教育資金を見積もらないといけませんし、老後資金を準備していくことも必要になります。夫婦の働き方(特に育児中)によって収入も変わりますし、定年までの期間も影響します。

DINKS時代や子どもが小さいうちは、意外とどんぶり勘定でも家計が問題なくまわっているケースが多いんですが、後になって資金繰りが厳しくなるケースがあるんですね。

住宅ローンの返済は長期間にわたるのが一般的なので、現在の状況だけでなく、将来の生活設計を踏まえて返済計画を考えることが大切です。これを踏まえてしっかり計画を立てる必要があるんですね。

頭金なしでも借りられますが・・・

頭金なしでも住宅ローンが借りられる時代ですが、そうすると当然借入額が多くなって将来返済が苦しくなるかもしれません。また将来売却の必要が出ないとも限りません。売却額よりローンが多い場合、現金を用意するか、新たに購入する家の住宅ローンに上乗せることになります。
だからこそ資金計画が大切なんですね。

もちろん超低金利の時代ですから、手元に現金を確保して有効に活用するということもできますよ。
ある程度のリスクをとるということが前提になりますが、そもそも不動産に大きなお金を固定することもリスクだってことなんです。

この辺りをきちんと整理できれば、住宅ローン控除をうまく活用しながらも将来必要なお金を増やしていけるんですね。
頭金にも繰上返済にもこだわる必要はなくなりますが、それはきちんとした資金計画があるからこその話です。

まずは無理なく返せる金額でローンを組むことですが、適正なローン金額は将来設計トータルで見ないとわかりません。不動産屋さんが片手間にできるものではありませんから、まずは具体的な数字で見てみることです。