住宅購入専門の相談なら平澤FP事務所へご相談ください!賢く安心 子育て夫婦の住宅購入

お気軽にお問い合わせください

03-5497-1345

受付時間:いつでもお電話ください

メールはこちらから

住宅購入専門の相談なら平澤FP事務所へご相談ください!賢く安心 子育て夫婦の住宅購入

保険の見直し。まずはネットで検索してみると・・・

保険見直し

保険の見直しをしたいと思いつつ、
ついつい先延ばしに。

良くある話です。

こんなことに心当たりありませんか?
・保険料が高いのはわかっている
・何かムダがありそうな気がしている
・付き合いで入ったので必要ないものもあると思う
 
(付き合い=親類縁者、親しい知人などから入ったケース、すごく多いです。
  ・・・でも残念ながら適切ではないケースがほとんどです。)

あなただけではなく、とっても良くあるんですよね。
続きを読む

団信の特約を勧められたんですが、どうですか?

risk hedge

最近はどの金融機関も「特約付き団信」をラインナップしています。金融機関でローンの話を聞くとき、だいたい加入を勧めてきます。

話を聞くと「あった方が安心だし必要な気がする」となって、深く考えずに加入前提で検討してる方が結構います。

住宅ローンを借りるとき、民間銀行なら団信(団体信用生命保険)に加入することになります。
(今はフラット35も基本的には団信込み)

借りている人に万が一(死亡または高度障害)のことがあった場合、
団信が住宅ローンの残債をすべて払ってくれます。

これは団信の基本となるものなので、いうまでもなく欠かせない保険です。

ということで、
通常の団信に加え、特約も加入すべきかどうか、
どんな内容があるのか見てみたいと思います。

 

続きを読む

学資保険の選び方を考える

学資保険の選び方

子どもが産まれたとき、あるいはこれから産まれるというとき。
「こどもの将来のために教育費を準備しなきゃ!」と考えますよね。

でも、定期預金ではほとんど増えないし、財形でも同じ。

ではと、「学資保険」を考える人が多いのではないでしょうか。
代わりに「低解約返戻金型の終身保険」を検討することも多いでしょう。
どちらも「保険で教育資金を準備する」という同じ目的で使われます。

続きを読む

マンションも土地も高い。いくらまでなら買っても大丈夫?

資産価値の上昇

マンションや土地・中古住宅まで、不動産探しのお手伝いすることが多いのですが、高い物件が本当に多いです。

もう少し正確にいうと、「買いたい人の希望条件に対して価格が高く、予算が折り合わないのでなかなか見つからない」ケースがとても多い、となります。

いくら低金利といっても世帯年収900万円の夫婦が8,000万円のマンションは買えません。
キャッシュフローを作ってみるまでもなく、まず生活は成り立ちません。

土地も良い場所が見つかっても予算より高いケースが多いので、
最初は希望の土地を見つけて注文住宅も良いかも・・・
と考えていた人も、手が出せる価格の建売に落ち着く、というケースも多いです。
続きを読む

共働き夫婦の住宅ローンの組み方

夫婦で住宅ローン

共働きが一般的となった今、どちらか一方の収入でローンを組むのではなく、夫婦が協力してローンを組むということが増えています。

ローンの組み方によっては金利負担を抑制できますし、夫婦で返済するからこそ得られるメリットもありますので、無理のない範囲でぜひとも活用を考えたいですね。

共働き夫婦が上手に住宅ローンを組むためには、出産後の働き方や子育てとの両立が大事なポイントです。

主なローンの組み方としては、2通りあります。
・収入合算
・夫婦ペアローン

具体的に見ていきます。

続きを読む

住宅購入時のローンの借り方について考えてみた。

housing loan

住宅購入を考えたとき、「家賃と同じローン返済額」だから大丈夫という話、良く聞きます。

営業マンからすると使いやすいので、常套句になっています。
買う方も「家賃を払い続けても家は手に入らず、もったいない」という気持ちがあるからこそ効果があります。

一生賃貸でいると将来の年金暮らしで家賃を払い続けなければならないし、不安です。
それに、老後は部屋を貸してくれないケースもあるだろうとも考える訳ですね。
だったら家は資産になるし、いずれ買うなら早い内の方が良いのではという発想です。

では、ということで家賃とローンの比較だけで購入を検討するのは拙速です。
家の資産性、ライフプラン、買った後の家計など、色々考えることがあります。

買った後もゆとりを持って返済ができるよう、家賃以外のこともしっかりと考えたいところです。
考えることは色々ありますが、ここでは住宅ローンの借り方について考えてみましょう。

続きを読む

老後資金が大丈夫か心配です。

retirement

2016年10月現在、65歳以上の高齢者は27.3%
2060年に向かって高齢者はどんどん増え、その割合は4割にもなると予想されています。
まだまだ高齢者が少なかった時代にできた年金制度そのものにひずみが生じているのは明らかです。

将来年金がもらえない。
あるいは今もらっている世代よりは確実に、それもかなり少なくなる。
公的年金への不信は若い世代ほど顕著です。

では将来に対し、私たちはどうすれば良いのでしょうか。

続きを読む

老後資金=iDeCo(イデコ)。でも資産運用はトータルで考える。

investment

老後資金の準備なら、まず考えるのは確定拠出年金(=DC)ですね。

DCは「資産運用」であり、「投資」に慣れるのにこれ以上ないぐらい素晴らしい制度です。
投資が苦手と言っている時代はもうとっくに終わっています。

老後資金を筆頭に、今の時代は長期の資産運用による資産形成が必須です。有利な制度は積極的に利用し、お金に働いてもらうことが当たり前の感覚を身に付けたいものです。

続きを読む

お気軽にご相談・お問い合わせください!

お気軽にご相談・お問い合わせください!

03-5497-1345 03-5497-1345

受付時間:9:00~18:00

お問い合わせフォーム お問い合わせフォーム

住宅購入のノウハウを週1お届け
メルマガ配信登録