家を買いたいと思ったらまず何を考えるでしょうか。
そして、何から着手すれば良いのでしょうか。

はっきりとした答えを持っている方、
実はかなり少数派です。

現在住んでいる場所や住みたい場所にもよるので、
マンションか戸建てかは決まっているケースが多いですが、まだ決まってはおらず、両方で考えたいという夫婦もいます。

マンションと戸建てで求めるものは違ってきますが、
家が欲しいと思ったら、まず考えて欲しいことがあります。

お金(=予算)はもちろん重要です。

今回は予算の話ではなく、
予算と同じか、それ以上に重要なことです。

それは・・・

家を買ったらどういう暮らしをしたいか」です。

言われてみればそのとおり、
当たり前過ぎかもしれませんね。

でも実はこれをしっかりとイメージせずに見学に行くと、
戸建てであればハウスメーカーの高性能な住宅に影響を受け、
マンションならモデルルームのゴージャスさに引っ張られたりします。

彼らは住宅販売のプロですから、
色々とイメージを掻き立てるようなトークを展開します。

そしてアンケートで個人情報を渡してしまうと、、、
想像どおり営業が始まり、クロージングまっしぐら。

単純化してはいますが、
見学しながらイメージしていこうと思うと、
販売側の売りたいポイントの影響を受けやすくなります。

そうではなく、
今よりも幸せな生活をするために住宅を買うのですから、
販売側に暮らしのイメージを決めてもらうのではなく、
自分たちで決めて欲しい、ということです。

でも、
「家賃がもったいないから家を買う」
というスタートだと、
とりあえずネットで探して見学する、
近くのモデルルームに行くなどの選択を取りがちです。

ここはぜひ、
・何のために家を買うのか
・そしてその家でどういう暮らしをしたいのか
について夫婦でイメージを膨らませて欲しいと思います。

最初は制限を設けず、めいっぱい妄想してもオッケー。

たとえば、

 子どもがのびのび育ち、自然と自立心が備わる家
 帰ってきたときに家族の顔が見えるような空間
 休日に友人を呼んでパーティしたい
 趣味の部屋や書斎が欲しい

などなど。

だんだん輪郭が見えてくると、希望がより具体的になっていきます。
その過程でゆずれないポイントもわかってきます。

 本が多いので書斎が欲しいけど、階段の途中にDENが欲しい
 リビングに集まって過ごしたいけど同時に収納もたっぷり
 パーティよりも普段の家事動線や水回りもこだわり、パントリーは大きめ
 猫を飼っているのでリビングから見上げられるキャットウォークが欲しい

など想像すればどんどん出てくると思います。

一方、都内の職場に近い場所を選ぶ場合、
マンションのケースが多くなると思います。

マンションなら立地とアクセスがとても重要です。

 職場から近く、通勤ラッシュがそれほどでもない
  駅から多少遠くても2路線使えて便利
 前面道路がうるさすぎない
 共有部分に不要なスペースがない

などなど

これをいかに膨らませるかによって、
どんな物件か、どんな間取りが良いかが決まってきます。

断熱性とか、エコとか、耐震性能とか、共有部の設備とか、
そういうのも重要ですがまずはその前に色々と考えて欲しいところです。

これをイメージすればするほど、
実際に提案を受けた際、物件を見学した際に
判断する感覚が生まれていくでしょうし、
楽しい作業になっていくかと思います。

マンションや建売に比べ、注文住宅の場合、
家づくりは本当に決めなければいけないことが沢山あります。

何を優先するかによって住む家も違ってきますので、
繰り返しになりますが、
まずは

・何のために家を買うのか
・そしてその家でどういう暮らしをしたいのか

について夫婦でイメージを膨らませて欲しいと思います。