住宅購入を検討する際、まずは資金計画が何より大切というお話をしました。
住宅資金計画が大切な理由

資金計画を練るときに必ず確認して欲しいことがあります。
それが、家計です。


具体的には収入と支出と資産の状況ですが、共働きの場合は夫婦それぞれの支出もしっかり把握しないといけません。それぞれが自分の貯蓄とおよその支出は把握しているけれど、家計全体での支出は良くわかっていないっていうケース、結構多いんですね。

簡単に家計の収支を確認する方法

まずは収入から見ていきます。
これは簡単です。以下のように計算してみてください。
・毎月の手取り(税金と社会保険を引きます。)
・手取ボーナス額
例えば税込年収600万円で手取りが480万円、うちボーナスが2ヵ月分×2回の場合、手取30万円+手取ボーナス60万円という感じです。
共働きの場合、夫婦それぞれ計算して合算してください。

次に支出ですが、項目はだいたい表のような感じですが、ご自身の家計と比べてみて如何ですか?1円単位の家計簿なんて必要ありません。ざっくりで良いのでぜひ計算してみてください。

そして、収入-支出を計算して見てください。毎月の平均×12ヶ月とボーナスの収支を足し算すれば年間の収支がわかります。

家計

おそらく把握している年間の貯蓄額と、収支にズレがあると思います。
毎月の貯蓄額には多少ばらつきがあるかとは思いますが、それより問題なのは「使途不明金」の存在です。あなたの家だけではなく、ほとんどの家に使途不明金がありますのでご安心ください、と言いたいところですが、これがマイホームの購入予算を下げる原因ですので、しっかり見直しましょう。
また、このほかムダの代表格が保険ですが、これはまた別の機会にお話しします。

家計のムダを省いて住宅資金にまわす

使途不明金をゼロにするのは難しいのですが、家計の年間予算を意識してやりくりすると、よくある「何に使ったかよく覚えていないけどお金が減っている。」「大きな支出もないけどなぜか貯まっていない。」ということが少なくなりますよ。

このケースだと、年間約38万円、月約3万円をムダに消費している可能性があります。
38万円全額を住宅にまわさずに一部は将来のための貯蓄にまわすとして、約半分の20万円を住宅ローンにまわすとどうなるでしょうか?
ちなみに表には載せていませんが、児童手当を全額貯めれば約200万円になりますので、年間100万円の貯蓄と合わせて標準的な教育で子どもが1人なら教育費は十分手当てできることになります。

もともとは 3,000 万円のローン(全期間固定、金利 1.9%、35 年)を組む予定でした。
月97,846 円(年117.4 万円)を返済していく予定でしたが、3,500万円のローン(金利等は同様)で 114,154円(年間で約 137.0万円)まで、予算を500万円増やすことができました。

もちろん、子どもをもう1人考えている場合はまた違ってきますし、奥さまの働き方によっては増やさない方が良いケースもあります。キャッシュフローを使って将来予測をすることは不可欠ですし、老後の不安が大きければ予算は抑え気味の方が良いでしょう。
また予算を増やすと今の家賃と同額になりますが、家を買うと固定資産税や修繕積立が必要になるので、その辺りも考慮する必要があります。

ポイントは、基本的な生活を変えずに、家計を改善できることです。
足元の家計を見直すだけで、こんなにも予算が増えるんですね。あきらめていた希望物件にも手が届くかもしれません。