住宅購入専門の相談なら平澤FP事務所へご相談ください!賢く安心 子育て夫婦の住宅購入

お気軽にお問い合わせください

03-5497-1345

受付時間:いつでもお電話ください

メールはこちらから

住宅購入専門の相談なら平澤FP事務所へご相談ください!賢く安心 子育て夫婦の住宅購入

住宅ローンの選択を業者任せにしてはいけない理由

住宅ローン金利選びは重要

不動産業者や住宅販売会社が作成した見積書、見ることが多いです。
借入額や住宅ローンについても記載されているのですが、住宅ローンの金利選択、だいたい微妙です。

何が微妙かというと、
いまだに「変動金利」一択のケースが多いのです。

統計上、確かに4~5割の人が変動金利で借りています。

続きを読む

住宅ローンのつなぎ融資の費用を把握しておく

17

つなぎ融資とは、住宅ローンが正式に始まるまでの間、一時的に借りる「つなぎ」の資金のことです。

必要になるのは以下のようなケースの場合です。
・注文住宅を建てる場合
・融資実行と引き渡しのタイミングがずれる場合
・買い替える場合

このうち代表的なのは、注文住宅を建てる場合です。
どういうものか説明していきます。

続きを読む

知らないと損する住宅ローンの諸費用

15-1

住宅ローンを組む際、どのローンを選ぶか迷いますよね。
金利は返済額に大きな影響を与えますが、金利だけで選んではいけません。
どのローンにするかは、金利以外の費用も含めたトータルコストで比較して検討することをお勧めします。

計算に含める費用は以下の3つです。
・事務手数料
・保証料
・団信保険料

金融機関によってかからない場合がありますが、それは「かからないけどその分金利が少し高い=金利に含まれている」ので、合計したコストで比較する必要があるんですね。
では順番に説明していきます。

続きを読む

住宅ローンがある世帯の収入と借入額と返済額はどのくらい?

housing cost

家を買いたいと思い、これから色々と情報収集していこうと思ったとき、どのくらいの年収の人がいくらの物件をどの程度のローンで組んでいるのか気になりませんか?

公表されている統計情報を調べてみると、なかなか参考になる情報が見つかりますよ。
一つずつ見ていきましょう。

・住宅金融支援機構「フラット35利用者調査報告」
 全期間固定ローンのフラット35の利用者のデータです。

続きを読む

住宅ローン控除を受けている間は繰り上げ返済しない方が良い?

loan deduction

平成26年4月から住宅ローン控除が拡大されました。適用されるローン残高の上限は一般住宅で4,000万円、長期優良住宅・低炭素住宅で5,000万円です。それぞれ毎年ローン残高の1%を10年間、最大で400万円または500万円の控除を受けられます。

購入後は繰上返済が総返済額の縮小、返済期間の短縮に効果があることもよく知られています。その一方で、購入後10年以内に繰上返済した場合、せっかくの住宅ローン控除額が少なくなってもったいない、と思っている方もいると思います。

そこで、住宅ローン控除を受けた場合の繰上返済についてシミュレーションしてみたいと思います。

続きを読む

お気軽にご相談・お問い合わせください!

お気軽にご相談・お問い合わせください!

03-5497-1345 03-5497-1345

受付時間:9:00~18:00

お問い合わせフォーム お問い合わせフォーム

住宅購入のノウハウを週1お届け
メルマガ配信登録